【Jリーグ】2020年リーグ戦全日程が終了。昇格クラブはどこ?

サッカー大好き気ままさんと申します。(野球も好き)

僕自身、中学・高校とサッカー部に所属していまして、今でもエンジョイでサッカーやフットサルをやっています。

海外サッカーを観ることは殆どないですが、国内サッカーはJリーグから学生サッカー・女子サッカーまで幅広く観ています。

このブログでは、国内サッカーのニュースや観戦記・サッカーグッズや練習方法などを紹介していければと思っています。

このブログを通して、サッカーを好きになってくれる人が増えてくれたら嬉しいですね。

特に、今までサッカーはあまり好きではなかった人がサッカーに興味を持つきっかけになってくれたら最高です!


コロナウイルスの影響で数ヶ月に渡る中断があった2020年のJリーグ。

先週末を持って今季のリーグ戦は全日程が終了しました。

コロナ感染者が拡大したり収束したりで、最後までリーグ戦が戦えるかどうか心配されましたけど、無事に終了できてよかったですね。

今シーズンは降格がなく、昇格のみという異例のレギュレーション。

J1からJ3までの最終結果は以下の通りとなりました。


スポンサーリンク

Jリーグ 2020年リーグ戦全日程終了


J 1優勝とACL出場権獲得クラブ

優勝 川崎フロンターレ

2位 ガンバ大阪

3位 名古屋グランパス

川崎フロンターレは年間を通して本当に強かったですね。

10連勝と12連勝を同じシーズンで記録。

リーグ戦では僅かに3敗しかしておらず、勝ち点も83。

圧巻の優勝でした!


3位の名古屋グランパスは堅守を武器に戦いました。

無失点試合が年間で17試合、つまりリーグ戦の半分は無失点試合というのが素晴らしい!


2位のガンバ大阪は、、、

気づいたら2位にいたって感じです(個人の見解です)

得点数も失点数も特筆すべき数字ではないですが、20勝は川崎に次ぐ勝ち星の数です。


優勝の川崎と2位のガンバは天皇杯の出場権を獲得(準決勝から登場します)

3位の名古屋グランパスまでが来シーズンのACL出場権を獲得しました。

また、4位のセレッソ大阪は川崎かガンバのどちらかが天皇杯で優勝すると、ACLにプレーオフから参加できる権利を獲得します。

恐らくはどちらかが優勝すると思いますので、セレッソもACL出場権を実施獲得したようなものでしょうか。


J2からJ1へ昇格するクラブ

優勝 徳島ヴォルティス

2位  アピスパ福岡

共に勝ち点84で並んでいますが、得失点の関係で徳島がJ2初優勝。

四国勢唯一のJ1経験クラブが2度目の1部リーグ挑戦です。

得点数も失点数もリーグ2位という数字はお見事!

ロドリゲス監督が浦和レッズの監督就任という噂があり、来シーズンは監督が代わっているかもしれないという不安はありますが、J1残留を目指します。


2位の福岡は、42試合で29失点という堅守を武器にJ1復帰。

5年周期で訪れているというJ1への道ですが、今度こそ残留&1部定着なるか?

優勝の徳島は天皇杯の出場権も獲得しました(準々決勝から登場します)


J3からJ2へ昇格するクラブ

優勝 ブラウブリッツ秋田 

2位  SC相模原

秋田はシーズン終盤まで無敗記録が続きました(最終的にはシーズン3敗)

34試合で55得点18失点は驚異的な数字です!

昇格決定後に勝てない試合が続いたのが来シーズンに向けて気がかりなところですが、初の2部リーグが今から楽しみですね。


2位の相模原は最終戦で逆転昇格!

元日本代表・望月重良氏が社長を務めるクラブです。

相模原の昇格により、J2以上に所属する神奈川県のクラブ数は5クラブに増えました。

優勝の秋田は天皇杯出場権も獲得しました(準々決勝から登場します)


JFLからJ3に昇格するクラブ

2位 テゲバジャーロ宮崎

Jリーグへの入会審査をクリアしたクラブのうち、JFL4位以上という条件を唯一クリアしたのが宮崎でした。

宮崎がJ3に参入したことで、九州のすべての県にJリーグクラブが誕生したことになります。


関係者の皆さま、サポーター&ファンの皆さま、1年間楽しませていただき本当にありがとうございました。

来シーズンは降格クラブが例年の倍に増えるという、これまた異例のシーズンになりますが、リーグ戦の熱い戦いを楽しみにしています。



にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました