川崎フロンターレ 守田英正選手がポルトガルリーグ『サンタクララ』に完全移籍

サッカー選手

Jリーグがオフになる冬場。

今月末まではヨーロッパが冬の移籍マーケット期間になります。

毎年のように海外に渡るJリーガーが何人もいるのですが、今年はコロナ禍の影響もあるのか海外移籍が例年ほど話題にならないですね。

そんな中、昨シーズンのJリーグチャンピオンチームであり、天皇杯とのシーズン2冠を達成した川崎フロンターレの主力である『守田英正選手』がポルトガルリーグに移籍することが発表されました。

今回は守田英正選手の移籍について書いていきたいと思います。


守田英正選手のポジションや経歴について

守田英正選手は川崎フロンターレのMFです。

プロフィールは下記の通り

身長177cm
体重75kg
年齢25歳

流通経済大学卒業後に川崎フロンターレに入団しました。

大学卒業前年にJリーグも特別指定選手として川崎フロンターレに在籍、そのまま川崎フロンターレでプロ契約を結び3年間プレーしたことになります。

ポジションはボランチ

中盤で主に守備的なタスクを担うことが多い選手で、昨シーズンはアンカーとしてレギュラーを獲得。

川崎フロンターレの史上最速優勝に大きく貢献しました。

青色のユニフォームの位置が守田選手ポジション

ボールを奪う力や対人の守備能力が高い選手ですが、パスセンスなどの攻撃センスも高くて、完成度の高いボランチだと思います。

また、CBやSBもこなすことができるユーティリティな選手でもあり、川崎フロンターレでは右SBでプレーした経験もあります。


プロ入後の主な成績は

試合数得点数
J181試合1得点
日本代表3試合0得点

リーグ戦では中々得点を挙げることができませんでしたが、昨シーズンのホーム最終戦で念願のリーグ初ゴールを記録しています。

日本代表には森保一監督になってから度々招集されているのですが、代表招集されると怪我をしたりして出場試合は僅かに3試合となっています。

海外の厳しい環境に揉まれて、日本代表のレギュラーへと成長してほしい選手です。


ルーキーイヤーの2018年にはJリーグの優秀選手賞を、2020年にはJリーグのベストイレブンに入ったこともある選手ですが、意外にもアンダーカテゴリーでの日本代表経験が殆どありません。

唯一の代表歴は、大学時代にユニバーシアード代表としてプレーしたことです。

入団前から鳴り物入りだった選手ですが、代表には縁がなかったんですね。


守田英正選手が移籍するサンタクララとはどんなクラブ?

今回、守田英正選手が移籍するのがポルトガルのCDサンタクララというクラブです。

CDとは『クレーべ・デスポルティーヴォ』の略だそうです。意味は…調べてみたけどよく分かりませんでした…

多分、『クレーべ=クラブ』で『デスポルティーヴォ=ポルトガルの』という意味なのではないかと思います(多分ね)


本拠地は、、、なんと、、、

アゾレス諸島のポンタ・デルガダ

はい、アゾレス諸島という島なんです!

ポルトガルに島なんてあったんですね〜

ちなみに、ポルトガルの首都であるリスボンとは1500キロ離れています。

   写真はイメージです。

東京⇆那覇間が1500キロらしいので、Jリーグで例えると、FC琉球がアウェイで試合をする度に関東に(またはそれより遠く)遠征するイメージでしょうか…

おまけに離島ですから、隔離されたような島でしょうし…生活に慣れるのにも時間がかかりそうな気がして心配になってしまいますね。


サンタクララは長い間2部リーグで戦っていましたが、2018/19シーズンから1部リーグで戦っています。

2年連続で1部リーグ残留をしていて、今シーズンは現在7位(全部で18チーム)

守田英正選手の活躍で、順位を押し上げることができるよう応援したいですね。


不思議な縁と言いますか、実は来シーズンのJリーグにサンタクララ所属の選手がやってくるんですよね。

清水エスパルスが獲得したチアゴ・サンタナ選手(ポジションはFW)です。

今シーズンは絶好調で、得点ランキング2位の選手だそうですが…結果出している選手なのにサンタクララは何でエスパルスに放出しちゃったのでしょうか…


守田英正選手が戦うポルトガル1部リーグとは?

守田英正選手が戦うポルトガル1部リーグとはどんなリーグなのでしょうか?

ポルトガル1部リーグはプリメイラ・リーガと呼ばれているそうで、1部には全部で18チームが所属しています。

UEFAのリーグランキングは7位(2019年)

5大リーグ(イングランド・スペイン・ドイツ・イタリア・フランス)には及ばないものの、2番手グループには属してる感じでしょうか。

1部リーグで3位以内に入るとUEFAチャンピオンズリーグの出場権を獲得します。


守田英正選手が移籍するポルトガルリーグに所属の日本人選手

ポルトガルリーグには守田英正選手以外にも日本人選手が何人も所属しています。

現在、ポルトガルリーグに所属している日本人選手は

選手名クラブポジション
中島翔哉FCポルトMF
安西幸輝ポルティモネンセSCDF
食野亮太郎リオ・アヴェFCFW
藤本寛也ジル・ヴィデンセFCMF
ブログ投稿時現在

日本代表の中島選手や安西選手、東京五輪世代の食野選手が所属しています。

また、ブラジルのポタフォゴを退団した本田圭佑選手もポルティモネンセSCへの移籍が噂されていますね。

一方で、中島翔哉選手には中東へ移籍の噂があります。(中東に移籍しました)


チーム的には、安西選手が所属しているポルティモネンセは日本でも度々聞くことがあるクラブ名ですよね。

また、サッカー好きの方だと中島選手が所属しているFCポルトやベンフィカ・ブラガ辺りは聞いたことがある方が多いのではないでしょうか。


ポルトガルリーグを見るにはどうすればいい?

守田英正選手が活躍することで、ポルトガルリーグを見たい!という方も増えるかもしれませんね。

では、現在ポルトガルリーグを見るにはどうすればいいのでしょうか?

残念ながら、現在はポルトガルリーグを見る方法はありません。

昨シーズンまではスカパーで放送していたのですが、今シーズンはスカパーも撤退。

スポーツ配信と言えばDAZNですが、ポルトガルリーグはDAZNでも放送予定はありません。

日本人選手達が活躍することによって、再び日本でもポルトガルリーグを視聴できる日がくるといいですね。



今冬からポルトガルリーグ1部での挑戦が始まる守田英正選手。

日本人選手がヨーロッパで活躍するのは本当に嬉しいのですが、一方で今回の移籍がゼロ円移籍だったのは残念です。(これはクラブ側の問題ですね)

入団時から国内では注目されていた選手ですし、川崎フロンターレも主力として計算していた選手だと思います。

選手の移籍は仕方ないにしても、移籍金が発生する形での移籍でないと川崎フロンターレ側はメリットがありません。

選手が早い段階で海外に移籍する流れは止まらないと思いますので、クラブ側はゼロ円移籍にならないような工夫が必要だと思います。


守田英正選手のポルトガルでの更なる活躍を期待したいです!



にほんブログ村 サッカーブログ サッカー情報へ
にほんブログ村

コメント


タイトルとURLをコピーしました