悲願のJリーグ制覇へ!FC東京が新体制発表&始動


昨シーズン、Jリーグカップを制したFC東京。

シーズン中はACLとリーグ戦の過密日程をこなしながらも終盤まで優勝争いにも加わっていましたが、最終的にはシーズン6位でフィニッシュ。

毎年のように優勝を争いに加わりながらも中々優勝に手が届かない東京ですが、今シーズンこそはリーグ制覇へ!

新体制発表、そして今シーズンに向けてキャンプがスタートしました。

個人的に、今年のFC東京はリーグ制覇に大きなチャンスがあると思っています。

今回は、FC東京の新体制について書いてみたいと思います。


スポンサーリンク

2021シーズンの新加入選手と移籍選手一覧

現時点での加入選手と移籍選手は下記の通り

【加入選手】

名前ポジション前所属
阿部伸行GKAC長野パルセイロ
青木拓矢MF浦和レッズ
渡邊凌麿MFモンテディオ山形
レアンドロ※MF鹿島アントラーズ
大森理生DFFC東京U-18
蓮川壮大DF明治大学

※レアンドロ選手は昨シーズンレンタル移籍だったのですが、完全移籍加入になりました。


【移籍選手】

名前ポジション移籍先
丹羽大輝DF未定
ジャエルFW未定
廣末陸GKラインメール青森FC
ナ サンホMFFCソウル
柳貴博DF北海道コンサドーレ札幌
志村晃GKギラヴァンツ北九州
平川怜※MF松本山雅FC
木村誠ニ※DF京都サンガF.C.
矢島輝一※FW大宮アルディージャ
宮崎幾笑※MFファジアーノ岡山

※はレンタル移籍の選手になります。


加入選手の倍以上の移籍選手になっています。

これだけみると何やら大変のように感じますが、昨シーズンは他クラブにレンタル移籍していた選手も多いので、人数的には殆ど変わっていないですね。

但し、FWの原大智選手とDFのJ・オマリ選手の去就が未定とのこと。この2人が移籍することになると、新たな選手獲得はあると思います。

〜追記〜

新たにDF・ブルーノ・ウヴィニ選手獲得を発表しました。

これでオマリ選手の退団は確定したのではないかと思います。


強力な外国人3選手全員残留はかなり大きい!


主力の流出が全くと言っていいほどなかったのがよかったですね。

特に、D・オリヴェイラとレアンドロ・アダイウトンの3人全員が残留したのは大きいのではないかと思います。

この3人に加えて永井謙佑選手に田川亨介選手など前線の選手達はとにかく脅威です。

MF陣、DF陣も大きな流出はなく今シーズンを迎えることができました。

DF陣の選手層が手薄と言われていますが、ACLもないですし、コロナ禍で収益が下がっている現状と今シーズンも観客をどれくらい入れることができるかわからない現状。

この状況では、これ以上の選手獲得は厳しいのかなと思います。

先ほども書きましたが、原選手とオマリ選手の残留可能性がないわけではないですし…


森重の起用法はボランチかCBか?


Jリーグカップ決勝でDF陣の要だった森重真人選手を中盤で起用しました。

森重選手がアンカーとして非常に機能したことで、今シーズンは森重選手はCBではなくボランチで起用されるのではないかという意見があります。

特にJリーグカップ決勝でCBとして活躍したオマリ選手が残留した場合はボランチ起用の可能性があるかもなどと言われていますが、中盤に怪我人続出しない限りはCBでの起用なのではないかなと思います。


理由は2つ。

1つ目は、ボランチは青木選手を浦和から獲得したことです。

高萩洋次郎選手とボランチのポジションを争う選手になるわけですが、青木選手は間違いなくボランチの選手層を厚くするための補強です。

怪我で開幕は間に合わないと言われている品田愛斗選手と合わせると3人います。

確かに今シーズンは20チーム総当たりなので過密日程は続きますが、ACLとの両立もないですし、3人で1つのポジションを回す(基本的には1ボランチで、高萩選手と青木選手の2人で回す)と考えている可能性が高いと思います。


もう1つの理由は、CBの選手層的にボランチに回す余裕はないってことです。

森重選手以外のCBは渡辺剛選手と岡崎慎選手。そこにルーキーの蓮川壮大選手とトップ昇格の大森理生選手で5人。

ルーキーやトップ昇格の選手に過度な期待をするとは考えにくいので、実質3人なんですよね。

確かにオマリ選手が残留すれば6人になりますが、それでも森重選手をCBから外す余裕はないと思います。


オプションとしてはありかもしれないですけど、レギュラーとしてボランチに森重選手を起用する可能性はないと思います。


〜追記〜

新たにCBの選手としてブルーノ・ウヴィニ選手を獲得しました。

CBの選手層が厚くなりますが、それでもウヴィニ選手がフィットするかは分からないので、森重選手は基本はCBになると予想します。

昨シーズン経験した超過密日程の経験が生きる?


昨シーズン、J 1クラブの中で最も過密日程だったのがFC東京だったのではないかと思います。

ヴィッセル神戸と横浜F・マリノスもACLとの両立がありましたが、FC東京はカップ戦も決勝まで戦いましたし、リーグ戦も優勝争いやACL圏の争いもしていました。

その上、東京オリンピック期間中にアウェイ8連戦も経験しました。


今シーズンも東京オリンピック期間中はアウェイ7連戦がありますし、リーグ戦が38試合なので日程は過密です。

ですが、昨シーズンに超過密日程を経験した分だけFC東京にはノウハウがあるのではないかと思うんですよね。

過密日程であることがFC東京にはプラスに働く可能性はあると思います。


2021年のフォーメーション予想


主力選手は全員残留しましたから、昨シーズンと同じフォーメーションになるのではないかと思います。


試合の中で2トップにすることもあるかもしれませんが、基本的には4-3-3で戦うのではないかと思います。

選手層的にもそこまで大きな問題はあると思いませんが、唯一気になるのが左SBでしょうか。

レギュラーの小川諒也選手の離脱があると、バングーナガンデ佳史扶選手の起用になります。

期待の若手ということですが、J 1で通用するのかどうかはまだ未知数なのではないかと思います(昨シーズン、J1で2試合のみの出場)ので、このポジションが1番不安なのではないかと個人的には思います。



僕は、今シーズンのFC東京はこれまで以上に優勝のチャンスがあるシーズンだと思っています。

川崎フロンターレや名古屋グランパス・ガンバ大阪はACLとの両立がありますし、セレッソ大阪もプレーオフを勝ち抜けばACLがあります。

鹿島アントラーズに比べると選手層はFC東京の方が上のような気がしますし、今シーズンは千歳一遇のチャンスだと思いますよ。

首都・東京のクラブとして悲願のJ1制覇へ!FC東京の2021年シーズンが始まりました。




にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました