【木曽三川公園センター】毎春恒例のチューリップ祭りに行ってきました


春になり、3月の終わりから4月の初めにかけては桜満開の季節になります。

各地の桜の名所にはたくさんの人達が桜を見に訪れますよね。

まぁ、最近は桜を楽しみたいのか写真を撮りたいだけなのかわかんない人も多いけど。。。

また、最近多いなと感じるのが満開の時期に入学を控えた小学生がランドセルを背負って写真を撮りにくるパターン。

入学式の時には葉桜になってしまっていることも多いので、満開の時期に撮っておこうという考えの方も多いみたいです。

さて、この時期は桜以外にも色んな花が見頃を迎えるのですが、その中の1つが『チューリップ』

岐阜県海津市の木曽三川公園センターでは、毎年3月下旬から約1ヶ月間、チューリップ祭りが開催されます。

見頃になったチューリップを見にいってきました。



スポンサーリンク

国立木曽三川公園

木曽三川とは木曽川・長良川・揖斐川の3つの河川のことを指します。

木曽三川公園センターは『国立木曽三川公園』の施設の1つにあたります。

国立木曽三川公園は愛知県・岐阜県・三重県の3県に跨がった13箇所の公園になります。

木曽三川公園センターは岐阜県海津市にあるのですが、138タワーパーク(愛知県一宮市)や、アクアトト岐阜がある河川環境楽園(岐阜県各務原市)が広く知られている公園なのではないかと思います。


今回訪れた木曽三川公園センターは、愛知・岐阜・三重の3県の境目にあることもあり、週末や大型連休などは家族連れを中心に混雑する公園になります。

木曽三川タワーが目印になる大きな公園は、春のチューリップや秋のコスモス・冬のイルミネーションなどで賑わいをみせます。


補足くん
補足くん

2022年4月現在、タワーは耐震工事中です。

状況によってはタワーに登れないこともあるので注意してね。


春のチューリップ祭り

春のチューリップ祭りは、毎年3月下旬から4月中旬にかけて開催される催し物です。

園内の花壇にたくさんのチューリップが咲いていて圧巻の景色を見ることができます。

春が来たことを実感できてウキウキ気分になること間違いなしですよ。


木曽三川公園センターは河川に沿った大駐車場と園の裏側に第二駐車場があります。

1231台も駐車できる大駐車場ですが、この時期の週末は満車になることもありますので、早めにお出かけされるといいのではないでしょうか。

園内入口から既にウキウキ気分にしてくれる仕掛けがあります。


このウェルカムボードを見たらテンション上がりますよね〜

この日も子ども達がウキウキ気分で走りながら園内に向かっていました。

通路を抜けて園内に入ると、そこには色とりどりのチューリップが咲いていて、とっても感動します。

大花壇では様々な色のチューリップの共演がありますし、


中央通路にも花壇がいくつかあってチューリップが綺麗に咲いてます。

訪れた皆さんが思い思いの場所で写真を撮ったりしていました。保育園児達がお散歩に来ていて楽しそうでしたね〜

池の中に浮かぶチューリップの花壇もあれば、ネモフィラチューリップが共演している花壇もあり、ずっといても飽きないようになってます。


また、園内の西側スペースでは菜の花やスイセンが咲いていますし、桜も見ることができます。

この時期、木曽三川公園センターに行くと本当に色んな花を見ることができて素敵ですね〜


2022年のチューリップ祭りは4月18日まで。今が見頃のチューリップを楽しんでみてはいかがでしょうか。

感染対策は忘れずに。気温も安定して高くなってきますし、お出かけの参考にしてみてくださいね。

※写真は2022年4月6日撮影のものです


木曽三川公園センターは花を楽しむだけじゃない!

木曽三川公園センターの楽しみ方は花を楽しむだけではありません。

特に親子連れに人気なのですが、それにはちゃんと理由があるんです。


充実の遊具コーナーと芝生広場

遊具コーナーが広くてお子様が楽しめること間違いなしです。

滑り台などがある複合的な遊具(かなり大きい)がありますし、


その隣にはアスレチック的な遊具もたくさんあります。

年齢に合わせて遊べる遊具も工夫されているように見えますので、小学生くらいまでのお子さんであれば思い切り楽しむことができるのではないでしょうか。


また、園内の奥には大きなバランスボールで遊ぶことができる広場もありますし、園内中央には芝生広場があります。

バドミントンして遊んだり、ピクニックしたり。。。

子ども達はみんな楽しそうに遊んでいますよ〜


輪中地域の昔の家屋も再現されている

岐阜県海津市は昔から水害に悩まされる地域でした。この辺りは輪中地域になります。

3つの河川が交わる上に海抜0メートルの地域になりますので、今でも石垣を積んで高くした上で家を建てている家屋を見ることができます。

木曽三川公園センターの西側には昔の輪中地域の家屋が再現されています。

母家以外にも石垣を積んで高い場所に水屋を作って水害の際に住めるようにしていたりするなどの工夫を見ることができますよ。

母家の玄関上には水害にあっても移動できるように舟が設置してありました。


歴史の勉強もできる公園となってるんですね〜


飲食店もあります

木曽三川公園センターには『ままずカフェ』というカフェがあります。

また、入口付近の海津市観光情報センターの一部がカフェになっており、こちらでも飲み物や食べ物が売ってます。

ですので、手ぶらで出かけても飲食も可能です。


とはいえ、週末など混雑が予想される日はグルメ施設も混み合うと思います。

お弁当を持ってピクニック気分でお出かけする方が無難かもしれないですね。



家族連れでもカップルでも夫婦でも友達同士でもおひとり様でも楽しむことができる木曽三川公園センター。

天気の良い日は公園に遊びに行こう!!


補足くん
補足くん

この時期、国定木曽三川公園の各施設では色んな花を楽しむことができます。

お近くの木曽三川公園に行ってみるのもいいと思いますよ〜


お弁当を買うならここがおすすめ!!

木曽三川公園センターから車で西に5分もかからない場所にお弁当を買うのに是非利用してほしいお店があります

『ヤマザキショップ 桑名木曽三川公園店』


ん?ただのコンビニでは??と思われた方、、、

『ただの』コンビニではないんですよ〜


みなさんは『ココストア』というコンビニを覚えていらっしゃるでしょうか?

店内でおにぎりやお弁当、パンなどを製造・販売していたコンビニです。

こちらのお店では『ココストア』で販売されていた商品が今でも売られており『爆弾おにぎり』をはじめとした懐かしい&お腹いっぱいになる商品がたくさん売られています。

また、鯛焼きも売られていますしフルーツサンドなども販売されています。

木曽三川公園センターに行く際、お弁当購入の候補としておすすめですよ。


僕も今回、ばくだんおにぎりを久しぶりに購入してみました。

ココストアで食べたあの味そのまんまで美味しい&ボリューミーなおにぎりです。

東海圏内でココストアの商品を食べることができるのはこちらのお店のみです(と言うより全国に数店舗しかない)

種類も豊富ですので、昔懐かしココストアの味を楽しんでみてくださいね。

駐車場は広いので、安心して利用できると思います。


気ままさん
気ままさん

こちらのお店は元々『ミツウロコ・グローサリー』という名前でした。

ココストアの事業の一部を引き継いだのがミツウロコ・グローサリーだったそうですが、2021年2月に山崎製パンとの提携により今の店名になったようです。


今回紹介した場所


木曽三川公園センター

住所: 岐阜県海津市海津町油島255−3

休園日: 毎月第2月曜(4月・8月・12月除く。休日の場合は直後の平日)

     12月31日・1月1日

入園料: 無料(タワーなど一部有料)

駐車場: 無料(1231台)

【開園時間】

4月から6月: 9時30分から17時(イベントにより変更あり)

7月と8月: 9時30分から18時

9月から11月: 9時30分から17時

12月から2月: 9時30分から16時30分(イベントにより変更あり)

3月: 9時30分から17時


気ままさん
気ままさん

公共交通機関で行く方法もあるのですが、電車とバスの本数が少ないため車で行くのが良いと思います。


ヤマザキショップ 桑名木曽三川公園店

住所: 三重県桑名市多度町福永670−1

営業時間: 6時から21時

定休日: 不定休

駐車場あり

※情報は全て訪問当時のものです。変更になっている場合もありますのでご注意下さい



コメント

タイトルとURLをコピーしました